第36回徳島県高校総合文化祭・第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会プレ大会の総合開会式の様子を紹介します!

 10月27日(金)に、第36回徳島県高校総合文化祭・第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会プレ大会が開幕。
 県下の高校に通う文化部員ら約180名が参加し、多くの観覧者が見守る中、あわぎんホールにて、総合開会式が開催されました。

 

 

 総合開会式の第1部では、第38回近畿高等学校総合文化祭の大会テーマ標語などの表彰式が行われ、受賞した生徒らが表彰状を受け取りました。
 
 

 徳島県知事賞、徳島県教育長賞、第38回近畿高等学校総合文化祭準備実行委員長賞の授賞式も開催

 

 また、第2部では各部門の活動紹介の後、合唱部門、マーチングバンド・バトントワリング部門、吟詠剣詩舞部門、郷土芸能部門、書道部門によるパフォーマンスが披露されました。

各部門の紹介
美しい歌声を披露
オペラ座の怪人より4曲を演奏
吟詠剣詩舞と書道のコラボレーション
躍動感あふれる阿波踊りを披露

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、城東高等学校1年の宇野綾華さんが作詞作曲を手がけた、第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会イメージソング「輝く未来へ」を全員で歌い、熱気に包まれる中、総合開会式は閉幕しました。


徳島県のマスコット「すだちくん」も一緒に、大会イメージソングを熱唱