総合開会式に飾る懸垂幕の藍染め作業を行いました!

 7月25日(水)に、徳島市・応神町にある四国大学「藍の家」にて、有内則子先生のご指導のもと、総合開会式に飾る懸垂幕の藍染め作業を行いました。この日のメンバーは、生徒実行委員をはじめ、徳島科学技術高校の生徒たち。
 絞りという技法を施した幅110cm、長さ900cmの懸垂幕2枚を染め液が入った藍がめに入れた後、酸化させるなどの工程を経て、懸垂幕は美しい藍色に染め上がりました。

 

藍の染め液に浸けているところ
この作業を何度か繰り返します

 

 

 

 

 

 最後にみんなで縫っていた糸をほどいて作業は終了となりました。

糸をほどくと染まっていないところが柄に!

 

 

 

 

 

 

 生徒たちが頑張って仕上げた、オンリーワンの懸垂幕です。総合開会式でぜひご覧ください!